私たちが大事にしている「Play based learning」とは?

English Preschool Tokyo

私たちが大事にしている「Play based learning」とは?

こんにちは、プリスクールディレクターの近藤です。

週に1度のペースでRyozanParkやプリスクールについて理解してもらえるような記事を書いています。

今日は、RYOZAN PARK PRESCHOOLが、「Play based learning」を大切にしていることについて。

子どもたちの仕事は、ずばり「遊ぶこと」です。

「Play based learning」は「遊びを通して学ぶこと」。

子どもたちはそもそも自ら学ぶ力を身につけています。

私達は「遊び」を通してその力を引き出すことを大切にしています。

子どもたちが「勉強させられている」と思うのではなく、体験を通して「やりたい」という気持ちが生まれ、自然に主体的に学んでいくプログラムを組んでいます。

Play Based Learning at Ryozan Park Preschool in Tokyo

「Play based learning」の具体的なカリキュラムを少し紹介します。

「Community Helpers(まちで働く人々)」というテーマでは、町にはどんな人が働いているのか、イラストから探し出すゲームをしました。その後に、その働く人になりきる様々なごっこ遊びをしました。

Kids Playing at Ryozan Park English Preschool in Tokyo

例えば、郵便屋さんごっこでは、郵便局の人とお客さん役に分かれます。郵便局の人は、お客さんを整列させ、仲間と協力して切手を販売します。

お客さん役は、実際に列に並んで待ち、手紙を出すのに必要なものを買います。

これらの体験を通して、自分たちの生活が成り立っているのは、色々な職業の人が働いているからだということを実感していました。また、友達と協力してお店での役割を担うことや、順番を守ること、そして数字の扱いなどを学びました。

もちろん、買い物に必要な英語のフレーズも自然に身についていきます。

Play Based Learning at English Preschool in Tokyo

「社会への想像力を鍛える」という、生きていく中でとても大切な学びをしていますが、子どもたちはそれを楽しく遊びながら体得していきます。

今日も教室は子どもたちと先生の笑顔と笑い声で溢れています。

サマースクール(年少〜年長対象)では、海賊になって宝探しの冒険に出かけたり、海の研究家になって生き物たちの不思議を探究したりします。夏ならではのアクティビティも満載です。「play based learning」ぜひ一度体験してみませんか。

English Preschool Tokyo Playtime

・・・RYOZAN PARK PRESCHOOLについて・・・

働きながら、子どもと十分な時間を過ごしたいと思いませんか?

「育てるも、働くも」Ryozan Parkならかないます。

新生児からのおやこオフィスと1歳から5歳までのクラス、保護者のための英語クラスを提供しています。また、お子さんをお預けの間、コワーキングスペースをご利用いただけます。Ryozan Parkは、親子がそれぞれ成長するための場所です。

プリスクールは現在、以下のどのプログラムでもメンバーを若干名募集中です。

◯12ヶ月から20ヶ月のベビークラス

◯18ヶ月からのプリスクール

◯幼稚園児向けのアフタースクール

詳しくはhttps://www.rzpschool.com/ ご見学をご希望の方はこちらからどうぞ



お問い合わせ