Send a message or call us

RYOZAN PARK: Sugamo share house and offices
03-6912-0304

RYOZAN PARK: Otsuka offices and Preschool
070-5014-2617

         

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

RZP Blog

Read about Ryozan Park life from residents, tenants, members, and friends of RZP! Shared living, coworking, private offices, and daycare in Tokyo.

Filtering by Tag: coworking

Opening soon... Lounge & Annex

Ryozan Park

[English follows]

通算6つ目のシェアオフィスがオープン 新規コワーキング会員募集 

山手線、三田線、巣鴨駅徒歩3分。日本庭園六義園からもほど近い閑静な場所に新たなコワーキングスペース、「Annex」と「Lounge」が2カ所誕生します。会員になられた方はJR大塚駅徒歩3分の場所にあるRYOZAN PARK大塚も自由にお使い頂けます。

RYOZAN PARK: Annex 

落ち着いた雰囲気と洗練されたインテリアの中、静かに集中して仕事や勉強に励んで頂くための便利な環境がすべて揃っています。会議室、電話用ブース、小型の給湯室などの設備もご利用頂けます。

RYOZAN PARK: Lounge 

選りすぐった遊び心たっぷりのスタイルでまとめられ、ブレストやクライアントとの打ち合わせ、賑やかな空気にインスピレーションを受けるのにぴったりの場所です。バー、キッチンが併設され、Loungeでは様々なお食事やドリンクもご用意しております。会員限定のシーティング・エリア、どなたでもご利用頂けるカフェスペースもございます。

月額15,000円の均一料金にて、会員様は巣鴨および大塚でのコワーキングスペース全てを、無制限にご利用頂けます。もちろん様々なセミナー、イベントにも参加できます。 オープンを記念し、2019年3月までにご契約の方は新規会員の登録料を半額とさせていただきます。

大塚の会員の方も、追加料金なしで2019年初旬よりご利用頂けます。

お問合せはこちらへinfo@ryozanpark.jp

RYOZAN PARK will open TWO new co-working spaces in early 2019. See below for a sneak peek, and stay tuned for details of our opening party and free trial week.

RYOZAN PARK: Annex and RYOZAN PARK: Lounge, both located 3 mins from Sugamo station on the JR Yamanote line, are designed to have a symbiotic relationship: Annex is subdued and sophisticated, equipped with all you need for quiet, focussed work or study (meeting room, phone booths, small kitchenette), while the maximalist, cafe-style Lounge is the place to go for brainstorming, hosting clients, or to be inspired by the energy of the group. Lounge will host a variety of food and drink pop-ups, and will include exclusive seating for members as well as public cafe space.

For ¥15,000 per month, members have unlimited access to community events and all co-working spaces in Sugamo and Otsuka. To celebrate the launch, we are offering FREE REGISTRATION through the month of January.

Get in touch: info@ryozanpark.jp

Coming soon... Ryozan Park Annex!

Ryozan Park

Opening January 2019

(English follows)

  • フルタイム会員(終日 06:00〜24:00):月額15,000円

  • ナイト&ホリデー会員(平日18時以降&週末):月額10,000円

  • 1DAY利用(平日10:00~24:00 ※但し、10:00~16:00に要受付):1,500円 / 日

  • 初期費用:登録料10,000円 + 保証金10,000円〜

  • 登記・専用ポスト : 登記料月額5,000円

  • 登記のみの利用も可能(審査有)

  • ロッカー月額3,000円〜

  • 会議室は無料。予約する場合は1時間500円〜

  • コーヒー、お茶の無料サービス

  • ゲスト利用可能(1日2時間、2名まで無料)

  • Full Membership ¥15,000 per month

  • Part-time Membership (weekdays after 18:00 & weekends) ¥10,000 per month

  • Single day use available on weekdays 10:00-16:00 ¥1,500 per day

  • Registration: ¥10,000 + Deposit: ¥10,000

  • Business address ¥5000 per month (also available to non-members)

  • Lockers from ¥3000 per month

  • Meeting rooms available from ¥500 per hour.

  • FREE tea and coffee

  • FREE admission for two guests 2 hours per day

  • Open 06:00 - 24:00

RZP Diary Vol. 37

Ryozan Park

5月のRYOZAN PARK Diaryはスコットランド出身のKuv Ahmad RZPが目指す多様性あるコミュニティの中で重要な役割を果たしてくれています。

カヴアマド

カヴアマド

私はスコットランドのグラスゴーという街の出身で、友達のレイチェル(RZPの共同経営者)を訪ね、2014年に日本へ仕事を探しにやって来ました。結局私はRZP巣鴨を社屋を構える会社での仕事を見つけ、そこで2年ほどマーケティング・マネージャーとして働きながら、シェアハウスに住むということを続けてきました。通勤は楽々でした!その後はオフィスの皆とシェアハウスの住人たちとの間で、橋渡しのような役割を自然に担うようになりました。

数ヶ月前に勤め先を辞め、自分のプロジェクトをスタートさせることになりました。そのプロジェクトであるMy Bungu Boxでは、主に北米や英国に向けて、日本の文具を入れた箱を定期便として販売しています。同時に、私はRZPの親会社であるToHo 建材でマーケティング・コンサルタントとしても働き始めました。そして時々、レイチェルとノリの娘であるグレースの子守も引き受けています。

そんな私の日々は、Ryozan Parkの様々な側面に触れながら過ぎていきます。よくある1日をご紹介すると、こんな感じです。

午前:

RZP巣鴨の3階にあるMy Bungu Boxのオフィスで働き始める。その後でRZP大塚の6階、コ・ワーキングスペースのToHo建材オフィスにてタスクをこなす。

午後:

RZP大塚7階にある子育てビレッジに立ち寄り、グレースに挨拶。少し遊んでから抱っこを沢山して、レイチェルと昼食に行く。たまの午後には、レイチェルが他の場所で働く間に、数時間程度グレースの面倒を見ることもある。その後は巣鴨に戻り、ToHo建材/RZP事務所でのミーティングに参加。

夕方:

My Bungu Boxのオフィスに戻り、仕事をいくつか終わらせる。それから下に降り、シェアハウスのキッチンで夕食の準備をしながら、仕事から帰ってきた他の住人たちとお喋り。たまにはジムに行って、先にワークアウトを済ませることも。

晴れた日には、シェアハウスの6階にあるテラスで、スカイツリーを眺めながら仕事をすることも。ちなみにRZP大塚の屋上テラスからは、別の角度のスカイツリーが見えるんです!

こんな風に、RZPを中心として私の仕事と生活は成り立っています。しっかりした生活の基盤を持ちながら、RZPという枠を超えてチャレンジや冒険することができるなんて、本当に最高です。インスピレーションとヤル気を与えてくれる人々と共に働く事や、殻を破って積極的になれる自分を可能にしてくれたこのコミュニティには、本当に満足しています。

 

プロフィール

スコットランドのグラスゴー出身。旅が大好きで、これまで様々な国を訪れてきた。かなりの読書好きでもあり、フィクションもノン・フィクションも読む(大抵、それぞれ1冊づつ同時進行で読んでいる!)。音楽鑑賞や英語でのカリグラフィーも好きで、最近では日本の習字も練習中。

RZP Diary Vol. 13

Ryozan Park

今月のRYOZAN PARK Diaryはミャンマーで武者修行していた「ミャン」ことKosuke Maemura。今度はインドネシアに夏から赴任になってしまうけど、RZPで一緒について行ってくれる人生の伴侶に出会ったから益々頑張れるな。紹介してくれたヤンゴン大学のShingo Okuboくんにも感謝。

RZP Diary Vol. 11

Ryozan Park

今月のRYOZAN PARK Diaryの執筆者はスズトモこと Tomoko Suzuki。日本が誇る自動車メーカーで、世界を相手にカラーデザインをしています。パーソナルスタイリングをしてもらって、Before Afterの変身を遂げた男子達は何人も。今月末にはLAに赴任しちゃうけど、いつでも帰って来いよ。