Contact Us

Use the form on the right to contact us.

You can edit the text in this area, and change where the contact form on the right submits to, by entering edit mode using the modes on the bottom right. 

           

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

こそだてビレッジ

(JP)Family

kosodate village

It takes a village to raise a child.
~1人のこどもを育てるのには、村全体の協力が必要だ~

Ryozan Park Otsuka: FAMILY


大きなキッチン、畳のダイニングルーム、広々としたプレイルーム、お昼寝・授乳ルーム、その他アメニティーも完備された、コ・ワーキングスペース。フロアマップはこちら。

KV Graphic JP 2.png
KV Graphic LARGE JP 1.png

こそだてビレッジお問い合わせフォーム

託児利用の契約をする前に2回の体験をお願いしています。
お子様の性別

rachel's story

 
16388348_10154250403037267_2415267831215481784_n.jpg
 
 

私の母は、家族の想い出をきちんと保管しておいてくれました。初散髪のときの髪の束、初めて話した言葉、図工の作品や学校の成績表、学校外でやり遂げたこと、時と共に変化していく将来の夢など、5人の子供それぞれの分がスクラップブックに保存されています。記録によると私の野望は、なかなか面白いパターンを描いています。6歳の頃、私は小児科医とお母さんになりたいと思っていました。7歳の頃は女優とお母さんに、8歳では弁護士とお母さんに、9歳の頃はニュースキャスターとお母さんになりたがっていました。10歳になると、私はイギリスの首相になると決心したようです。まあ、まだ夢を叶えるまでの時間はありますよね……。

その頃の私は、やりがいのあるキャリアと母親になる喜びの両方を、同時に味わうことができると当然のように考えていました。でも20代の後半に突入してから、女性の友人たちや同僚を見て、考えは変わっていきました。彼女たちは仕事か家庭かを選ばなくてはならず、どうやらそれは、全く簡単なことではないようでした。日本では、多くの働く女性たちが「フルタイムで子供を預けるか」または「フルタイムで育児をするか」を選択するという事態に直面します。でも、もしどちらかを選ばなくてもよかったら、どうでしょうか? 

もし子供をオフィスに連れて行くことができて、プロの保育士が見守る中、仕事をする自分の傍で子供が遊んでいたとしたら、どうでしょうか?もし自分のキャリアを追い求めながらも、子供の初めての言葉や初めて歩いた瞬間を見逃すことなく、締切に追われている最中も子供にお乳を与えることができる場所があったとしたら、どうでしょうか?それが、私たち RZP Otsuka:Familyの提案する第三の選択肢です。時間に融通が利く方、在宅勤務できる方、自営業の方、または育児休暇中に勉強を進めている方などが集い、自分たちと同じ考えを持つ家族やプロの保育士たちのネットワークに支えられます。働く両親と幼児が求めるニーズを満たすようデザインされた、明るく居心地の良い環境で、それぞれのやるべきことを進めることが出来ます。

私たちは RZP Otsuka:Familyを、そんな個人的な理想に基づき作りました。皆さんとのコミュニティ、友情、そして協力を通して、私たちと一緒に作っていきませんか?