Send a message or call us

RYOZAN PARK: Sugamo share house and offices
03-6912-0304

RYOZAN PARK: Otsuka offices and Preschool
070-5014-2617

         

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

A Woman's Place

RZP Diary

Read about Ryozan Park life from residents, tenants, members, and friends of RZP! Shared living, coworking, private offices, and daycare in Tokyo.

A Woman's Place

Rachel Ferguson

日本語は下に

Did you read the news story this year about an Aichi daycare worker forced to apologise for becoming pregnant ahead of senior staff? It was disappointing but, sadly, not so surprising. Stories like this illustrate the prevalence of workplace discrimination against women in Japan, even within the very industries whose purpose it is to support them. It’s yet another reminder of the necessity for female decision-makers in all sectors but particularly in businesses designed to serve women.

There has also been a steady stream of visitors eager to know how a community such as ours might be replicated.

Ryozan Park started in 2012 with a share house in Sugamo and over the years has garnered attention for its decor, events, collaborations and our “kozure” office in Otsuka that offers coworking and childcare (now an English preschool). There has also been a steady stream of visitors eager to know how a community such as ours might be replicated. I have never been able to put my finger on what makes us different, but I recently came across the term love ethic as it applies to business and wonder if this is what people have been noticing. See this post for more on the subject, but to summarise here, a love ethic or love-based economy is one that benefits all stakeholders by prioritising people and environment over profit.

The growth of a lively and diverse community in Sugamo led us to open a share office in Otsuka in 2015, with the goals of enhancing our community and supporting working mothers. We dedicated an entire floor of the new office to family and opened a part-time daycare there, a little oasis where parents, children and staff could co-exist.

...most companies can’t afford to sacrifice their bottom line for an ideal. We are no different.

It all sounds very nice, doesn’t it? But most companies can’t afford to sacrifice their bottom line for an ideal. We are no different. Ethical and social initiatives are not much use if a business is not financially tenable.The decision to close Kosodate Village, our part-time daycare that ran from 2015, was a tough one, but we had to accept after three years that our beloved child-rearing village (it does take a village, after all) was, to borrow a cinematic term, an acclaimed flop. The part-time mimamori system was perfect for the niche market it served  - freelancers who wanted to work at an office with their children by their sides - but the market was too niche. Kosodate Village was a commercial failure.

Faced with the prospect of losing three years of hard work, not to mention the community that had taken root there, it was time for a make or break decision. Certainly, the easiest path was to call it a valiant effort and to turn the floor into another reliable co-working space. But entrepreneurship is about trying, failing, and trying better. We had already done the work of creating a service of high value for our community members. The answer was not to retreat but to make changes that would render the business financially profitable. We had to move forward.

We were able to help her back to work by offering the chance to bring her son to the office, flexible hours and childcare facilities.

Margaret, an experienced preschool teacher, curriculum developer and teacher trainer, initially approached me in 2015 after stumbling upon our website. She expressed an interest in working together saying she felt a synergy with the spirit of the company and what we were trying to achieve. Three years later, we were able to build on that initial connection when she became our headteacher. Meanwhile, Naomi, a licensed Japanese hoikushi and former RZP share house resident, had come to work for us at Kosodate Village after leaving her position as a primary school teacher when her first child was born. We were able to help her back to work by offering the chance to bring her son to the office, flexible hours and childcare facilities. Once we had secured the two essential pillars of Margaret in classroom and Naomi in administration, the task of launching a financially and socially profitable comprehensive English preschool became much less daunting.  

The three of us forged ahead, with our Marketing and Incubation Manager, Kuv, working on our website and advertising, while Nori and our Community Manager, Shingo, hurried to file the necessary paperwork for government funding. It was a busy time, to say the least, planning the new business while ensuring the quality of service for the final stretch of the Kosodate Village system, but we were all motivated by the mission, Naomi and I propelled by the fact that we were pregnant with our second babies who, like their older siblings, would go on to attend the school we were creating. We heard about the success of our application for funds just a few months before opening and were able to set about improving our space and hiring the best staff we could find. Fortunately, like attracts like and we were able to round off our permanent staff with three experienced and dedicated teachers who bring their hearts to work.

Parents who enrol their child have automatic coworking membership and access to our community, events, and other business incubation resources.

So now at Ryozan Park Otsuka, our share office with 12 private rooms for start-ups and a 100-member co-working floor, we also have a full-time English-language preschool. Parents who enrol their child have automatic co-working membership and access to our community, events, and other business incubation resources. They also have the opportunity to go up to the dining kitchen and be with their child at lunchtime, enjoy coffee with other parents, or feed their child dinner before the commute home. We hold monthly catered lunches as well as skill share events and workshops and encourage free dialogue between teachers and parents, setting additional time for this over coffee once a week. Crucially, none of these events is compulsory: our goal is to make life easier for parents rather than add to their workload.

I am proud and feel assured knowing that women are at the helm of this ship. Too many initiatives for the betterment of women are concocted by committees of men (see the all-male panel of Kanagawa’s Woman Act campaign). From inception to production, RZP Preschool is the work of women weaving together a rich tapestry of experience and culture; our core staff is comprised of veteran child-care experts from Hawaii, Tanzania, the Philippines, and Japan with more than six decades of experience between them and each, coincidentally, from large, female-dominated sibling groups.

The tightrope we walk is trying to pay competitive salaries so that we can provide the safest, highest-quality education possible while keeping school fees low enough so as not to be prohibitive to the very people we are trying to support.

So we have modified our model and calibrated our ideal. The question remains: is it sustainable? Well, almost six months after opening, we are breaking even. That’s okay. Government support allows us to first focus on the quality of service and social value. We were able, for example, to take the decision not to register students to capacity at the very beginning but to start with a manageable number and ensure the quality of their experience before filling up part way through the year. We also have time now to put into action our plan to increase revenue - utilising the space during evenings and weekends - to ensure we are independently sustainable at the end of our two-year funding term. The tightrope we walk is trying to pay competitive salaries so that we can provide the safest, highest-quality education possible while keeping school fees low enough so as not to be prohibitive to the working mothers we are trying to support. Needless to say, it is quite difficult and completely worthwhile.

That’s why funding for projects like ours is so important, and why it is vital to include in planning decision-makers who care about creating value over profit. Too many public services claim social contribution by their mere existence without considering the quality of care they provide. But finding the right staff is only one part of the recipe when creating a healthy community. During Open Days for prospective students, successfully communicating our ethos to parents is as important as explaining the curriculum and school fees. We want to welcome families who share our values and have a desire to cooperate and collaborate, who can offer their skills and experience to enhance the community.

We were incredibly touched when another mother offered her time for free to cover a teacher’s bereavement leave.

The results are already evident: one student’s mother has started working at our head office (flexible hours, of course) and another now prepares allergen-free afternoon snacks for the class. We were incredibly touched when another mother offered her time for free to cover a teacher’s bereavement leave. Parents are also taking lunches together in the neighbourhood and staying after pickup time to communicate and build connections. From both standpoints as the owner of the business and as the parent of a child at our preschool, it makes me happy to see the coalescence of individuals who, just a matter of months ago, were perfect strangers.

So is Ryozan Park Preschool the ideal place for work-life balance? I hope so, at least for some. It is indeed based on an ideal, but as with the reality of many a dream, compromises have to be made. The initial impetus for creating a daycare facility at our share office was to support new mothers, many of whom have nowhere to spend time with their little ones except the four walls of their home, but small babies require one-to-one attention, and since we don’t have the funds to ensure the quality of care we want to deliver, we decided not to accept students under a year old to our preschool. Although this is disappointing, I hope to revisit our potential to help new mothers once the preschool’s start-up years are over. Meanwhile, I’m pleased to say that in the three years since we opened RZP Otsuka, we have helped four members of staff (and six babies) through their pregnancy and/ or to return to work with their baby by their side.

...a woman’s place is wherever she wants to be.

Of course, some mothers don’t want to come back to work so soon. Others want to go back and prefer to put their child in all-day care. We’re just here to provide a third option. After all, a woman’s place is wherever she wants to be. It’s where she can be effective and fulfilled, where she can use her skills to her own advantage and to the benefit of those around her. It’s where she is supported to realise her full potential. And she knows, better than anybody else, just what she needs for that to happen.

Related articles:

The Love Ethic

Opting out: exploring reasons behind the corporate gender gap in Japan through the experiences of bicultural women

女性の居場所

最近、愛知県の私立保育園の保育士が、先輩に先駆けて妊娠したことに対し強制的に謝罪させられる、という事件がありました。本当に気持ちが落ち込むニュースですが、驚きはしませんでした。日本の職場での女性差別についての話は、よく耳にするからです。それが、例えば、女性支援を目的とした業界の中の話であってもですから、特に女性支援関連ビジネスにおいては、関連業種に根ざした女性の政策立案者が改めて必要だと考えさせられました。

私達のコミュニティーのユニークな点は、その中心に一つの家族がいることなのです。

Ryozan Parkは、2012年に巣鴨のシェアハウスとしてスタートを切り、独特なインテリアと託児所をも備えたシェアオフィスを展開するなどし、これまで多数のメディアや企業、人々の注目を浴びてきました。彼らはみな、どうしたら私たちのようなコミュニティを構築することが出来るのかを知りたがったのです。でも、私たちのやり方を他の人が同じように行うことは、とても難しいだろうと思っていました。なぜなら、私達のコミュニティーのユニークな点は、その中心に一つの家族がいることなのです。でも、確かに「家族」は重要な要素ではありますが、最近知った興味深い用語があります。ラブ・エシック(愛の倫理)というビジネス用語で、私はそれこそが、人々がRyozan Parkに見出す何かだと思ったのです。この考え方について詳しくここで述べられています。とりあえずは軽く「ラブ・エシック」とは何かをまとめると、ラブ・エシックやラブ・ベースド・エコノミー(愛が基盤の経済)とは、人や環境を優先し、金銭的な収益よりも、そこに関わる全ての人々の利益を尊重するということです。

 Ryozan Parkは活気ある、多様性を備えたコミュニティです。そこでの価値観は、単に個々の断片を集めただけのものより大きな意味を持ちます。2015年にオープンした大塚のシェアオフィスの目的は、コミュニティの拡大とそこで働く両親、特に母親たちの支援をすると言うものでした。フロア丸ごとをファミリー用として、時間制のデイケアもオープンしました。そこは両親や子供、スタッフが共存できる、小さなオアシスでした。

理想を現実のものとするためのお金と時間を持っている企業はほとんどありません。私たちとて同じです。


どれもこれも、すごく素敵に聞こえるでしょう?でも、理想を現実のものとするためのお金と時間を持っている企業はほとんどありません。私たちとて同じです。社会のためになるようなビジネスであったとしても、経済的に成り立たないと意味がありません。2015に立ち上げた時間制のデイケア、「こそだてビレッジ」を閉鎖するという決断は、本当に辛いことでした。でも三年かけて育ててきた私たちの大切な育児のための村は、映画でいうところの(商業的には成功しない)隠れた名作のようなものであることを、受け入れなければなりませんでした。時間制の「見守りシステム」は、ニッチなマーケットにはぴったりでした。つまり、フリーランスで仕事をしている方で、子供が文字通りすぐ横で遊んでいる状況を望む人が対象でした。でも、マーケットとしてはニッチ過ぎたのです。こそだてビレッジは、商業的には失敗しました。

三年間の努力が無に帰すのを目にし、そこに根ざしたコミュニティに関してはいうまでもなく、のるかそるかの決定を今後のために素早く行う必要がありました。もちろん一番簡単な方法は、健闘むなしくも失敗したと、そのフロアを何か別のシェアワークスペースに変えてしまうことです。でも、新しい事業を立ち上げるといことは何かを試して、失敗して、また新たに試みを行うことなのです。私達は、すでに、そのコミュニティのメンバーに向けて高品質のサービスを提供してきました。ですから、後退するのではなく、経済的に成り立つために利益を生み出すビジネスに変化させ、前進することが求められたのです。

産後、彼女が復職する上で、私たちは、彼女に息子を仕事に連れてきても大丈夫であること、フレキシブルな就業時間と私達の託児施設の利用を提案しました。

 スクールの校長は、経験豊富な保育園の先生であり、カリキュラム開発や教員指導も行うマーガレット。彼女との縁は、2015年に遡ります。私たちのことをネットで見つけた彼女が、私に連絡をくれたのです。私たちが目指すコミュニティーの在り方にとても共感し、ぜひ一緒に仕事をしてみたいと伝えてくれました。そこから三年間かけて繋がりを深くしました。また、日本の保育士の資格を持ち、RZPシェアハウスの元住人である直美は、一番上の子供が生まれる時に小学校教師の職を離れ、その後、「こそだてビレッジ」に働きに来てくれることになりました。産後、彼女が復職する上で、私たちは、彼女に息子を仕事に連れてきても大丈夫であること、フレキシブルな就業時間と私達の託児施設の利用を提案しました。こうして、クラスでの指導はマーガレット、事務方は直美という二大柱を確保することができ、初めて、先に光が見えてきました。英語幼児教室の開校に必要な財務や対外的な調整を行うなどのタスクをこなすうちに、ようやく更なる出発点が見え始めたのです。

 私とマーガレットと直美に加えてマーケティングとインキュベーション・マネージャーであるカヴも、ウェブサイトと広告作成に力を注いでくれました。その間もノリとコミュニティ・マネージャーのシンゴが、政府の資金支援を申請するのに必要な書類を急いでまとめていました。これまでの「こそだてビレッジ」のクオリティを保ちながら、それぞれの理想に向かってやる気満々、力を合わせて新しいビジネスの計画を練り上げていきました。また、ちょうど私と直美は、同時期に二番目の子供を宿していました。その子たちの兄弟・姉妹のように、生まれてくる子供達もみんな同じ学校に通う事になるのです。そのことも、私たちに前進するパワーを与えてくれました。

 資金支援の申請が通ったとの知らせを受けたのは、開校のほんの数か月前の事でした。おかげで、その場所をより良いものにし、見つけられる限り最高のスタッフを雇う事が出来ました。 幸せな事に類は友を呼ぶというわけで、自分の仕事に心からの情熱を注ぐ、経験豊富なスタッフを見つける事が出来ました。

子供を保育園に入れた親は自動的にシェアオフィスの一員となり、コミュニティやイベント、ビジネス・インキュベーションの施設を利用することができます。

そして今、ついに私たちはRyozan Park 大塚に、100%英語での保育園をオープンしました。Ryozan Park 大塚にはスタートアップのための12の個室があり、100人のメンバーを抱えるシェアオフィス、コワーキング・スペースでもあります。子供を保育園に入れた親は自動的にシェアオフィスの一員となり、コミュニティやイベント、ビジネス・インキュベーションの施設を利用することができます。また、ランチタイムに子供と一緒にダイニングキッチンを使用したり、他の親たちとコーヒーを楽しんだり、帰宅の前に子供にご飯を食べさせることもできます。毎月のイベントでケータリングの昼食会を開き、スキルを共有するために話し合います。教師や親たちの間に垣根なく、自由に対話できるようにと、週一回のコーヒータイムも設けています。もちろん、参加は自由です。私たちの目標は、親という骨の折れる仕事を、少しでも楽にすることなのですから。

 このプロジェクトでは女性が舵取りを行っており、私はそれを心から誇りに思っています。パネル全員が男性という、神奈川県の女性支援キャンペーンを例に挙げるまでもなく、女性の地位向上にまつわるプロジェクトの多くが男性委員のみで取り仕切られています。その設立から経緯まで、「Ryozan Park Preschool」は女性たちの経験と文化が織り込まれた作品なのです。核となるスタッフは、それぞれハワイ、タンザニア、フィリピン、日本出身のベテラン教育経験者たち。スタッフ全員の経験を集めると60年以上になり、不思議なことに全員が、4人、5人、6人の姉妹を持つ、大家族出身という共通点もあります。

スタッフに競争力のある給料を支払うことで、より安全で、高品質の教育を子供達に提供できます。もちろん、保育料金を出来るだけ下げて、一般の家庭の皆さんがこの機会に接することができるよう心がけています。

さあ、これからです。私たちはまず、これまでのやり方を修正し、理想像の調整を行いました。それでもまだ、疑問は残ります。このビジネスは持続可能なのでしょうか?開校から8ヶ月近く経ちましたが、収益はトントンといったところ。でも、大丈夫です。政府からの支援のおかげで、まずはサービスのクオリティと社会的価値を上げることに集中することができました。例えば、まずはスタッフの目が十分に行き届くように、少人数からスタートするのができたのです。そこから、年間を通じてゆっくり生徒を増やしていけばいいのです。夕方と週末を有効利用すれば、2年後に資金支援が終わっても自立できるように工夫もできます。スタッフに競争力のある給料を支払うことで、より安全で、高品質の教育を子供達に提供できます。もちろん、保育料金を出来るだけ下げて、一般の家庭の皆さんがこの機会に接することができるよう心がけています。言うまでもなくそれは非常に難しく、それでいて、とても価値があることなのです。

 だからこそ、プロジェクトの資金計画はとても重要で、特に利益よりも新たな価値観を生み出そうと心に決めた場合は、死活問題となるのです。社会的貢献をうたう公共サービスの多くは、それらの提供するサービスの質を考慮することなく運営されているのです。

 そして持続可能なコミュニティを運営する上で何より大切なことは、適切なスタッフを揃えることだけではありません。入校志望の園児たちが集う説明会では、カリキュラムと学費の説明だけではなく、私たちのコミュニティー理念を両親たちへ伝えることも重要なのです。このコミュニティーの価値観を共有し、お互いに関心を持ちながら、協力体制を築けるような人、自分のスキルと経験を進んで提供することを望み、コミュニティを豊かかにする手助けをしてくれる人を歓迎したいと思っています。

他の生徒の母親は、教員が、彼女の家族に不幸があって急な休みを取る時に、無償で教員の代わりとして手助けすると申し出てくれたのです。

 こうした努力は、すでに報われようとしています。最近、生徒の母親の一人がスタッフとして加わりました。他の生徒の母親は、子供達の為にアレルギーフリーのおやつを家で作ってきてくれるようになりました。また別の母親は、プリスクール教員の家族に不幸があって急な休みを取る時に、無償で手助けすると申し出てくれたのです。また、多くの他の親たちはランチを一緒にしたり、子供を迎えた後もコーヒーを手に寄り添います。ほんの数週間前は見知らぬ者同士だった人々が共に過ごす姿を目にすることは、事業オーナーとして、そしてプリスクールに子供を預ける親の一人として、本当に嬉しいことです。

 それでも、何か価値あることを行うためには、犠牲が必要な時もあります。はじめのプランでは、赤ちゃんと家に閉じ込められるしかない新米母親たちを支援することを考えていましたが、乳幼児は一対一のケアを必要とします。しかし、私達にはそのための保育士を揃える十分な資金がないとわかり、1歳未満の生徒の受け入れは諦めざるを得ませんでした。スタートアップの段階がひと段落したら、また彼女達を手助けできる試みをしたいと考えています。その代わりと言ってはなんですが、(合計6人の赤ちゃんがいる)4人のスタッフが無理なく復職出来るように、お乳をあげたり抱っこしたりする機会がたくさん作り、働きながらでも子供と離れ離れになることのない場所を用意していきます。

結局のところ女性の居場所とは、そこがどこであれ、自分自身が輝ける場所のことなのです。

 もちろん、すべての母親がすぐに復職したいかといえば、そうではありません。でも中には、すぐに復職して子供を長時間のデイケアに入れたいと望む人もいます。私たちが提案するのは、第三のオプションです。結局のところ女性の居場所とは、そこがどこであれ、自分自身が輝ける場所のことなのです。自分が有能でいられて、自己実現が可能な、周囲の人々のために自分の能力を役立てることが出来る場所です。そして、自分の能力を最大限に発揮出来るようサポートされる場所でもあります。そこでは女性自身こそが、理想を現実とするには何が必要なのかを誰よりも明確に分かっているのです。

関連記事

The Love Ethic

Opting out: exploring reasons behind the corporate gender gap in Japan through the experiences of bicultural women